読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FXワールドチャンピオンシップ攻略ブログ

FX世界大会で決勝まで行く過程のブログです!!

FXメンタルコントロール平常心を保つ方法

f:id:GoinkyoFX:20160515175710j:plain


この書籍ではFXトレードにおいて常に、平常心を保つ方法を記載しています。


FXで勝つ為には? FXで勝つ為には3つの要素が必要です。


1メンタル
資金管理
3手法


今回は最も重要なメンタルコントロールについて書いて行きたいと思います。
何故メンタルコントロールが必要だと思いますか?

 


そもそもメンタルって何?
メンタルとは、心
貴方の考え、感情です。


相場にかぎらず、勝負事に勝つには、「損小利大」が絶対条件です。
損小利大に成らない理由をこれから説明します。


ーーーーー以下引用ーーーーー


目の前の利益は早く取る エントリーがうまくいき、利益がのっている場面を想像してください。

利益は出ているので、心理的にはかなり楽なはずですが、あなたの中では2つの感情が戦っています。

「もう少し伸びてくれ、ここまで行ったら利確したい。」

「ああ、もう勢いが落ちてきた。反転して利益を食われるのは嫌だ。」

指値やTake Profitなどの注文を入れて放置する場合を除き、

チャートを前にしているときは、ティックの動きが鈍ったり、ヒゲをつけて戻っていくところを見ると、

急に不安にかられます。 これは、過去に何度も、「もう少し早く利食っておけばこれだけ儲かったのに!」という経験をしているためです。

これらの過去の経験が脳裏をかすめ、目の前にある利益をとにかく確定させようとする心理が、トレーダーに働きます。

「チキン利食い」とよばれる行動です。


損失には長く耐える 今度はエントリーがうまくいかず、なかなか利がのらない局面を想像してください。

たとえば、エントリーポイント付近をうろうろとして、スプレッド分のマイナスを消化できない。

そうこうしているうちに、流れが完全に変わったにもかかわらず、マイナスのポジションを損切り出来ない。

あるいは、いきなり逆方向に持っていかれて、大きな含み損になっている局面です。

「せめて半値まで戻ってくれ」 「できれば建値まで戻ってくれ」 「もう少し待っていれば、また流れが変わるだろ」

自分の中でエントリーは失敗していると認識してますが、目の前の損失をできるだけ小さくしたいという考えが頭の中を占めます。

その結果、損失を耐えてしまうのです。

この現象はあくまでも、本人の希望的観測や願望にすぎないのですが、

「少しでも損失を減らそう」という事しか頭の中にないので、リスクリワードレシオを無視した損失許容幅になります。


ーーーーー引用ここまでーーーーー


中には、あまりにも損失が膨らんで何も出来ない、ただ見つめているだけ、


放心状態に成った方は居ませんか?


これはメンタルが崩壊している状態です。


一度メンタルが崩壊してしまうと論理的なトレード(テクニカル等を使った)


が出来なくなり、感情でトレードしてしまう様になります。

これは「プロスペクト理論」 と言って2002年ノーベル経済学賞を受賞した行動経済学における理論であり、

ダニエル・カーネマンとエイモス・ドベルスキーによって考案されました。


プロスペクト理論における経済行動とは、「損大利小」を指しています。


相場にかぎらず、勝負事に勝つには、「損小利大」が絶対条件です。


しかし、頭ではわかっていても、実際に投資の現場に行くと、


プロスペクト理論があなたの心理を支配し、「損大利小」になってあなたは負けます。


FXで勝つ為には、感情を抑えて論理的にトレードする必要があります。


論理的にトレードする方法を、次の項で解説して行きたいと思います。

 

 

【FXメンタルコントロール平常心を保つ方法】

 

DLmarketで購入

商品は PDFファイルです。